「ママカフェとは」


ママカフェとは(一社)教育デザインラボ代表理事で、

東洋経済オンラインでの連載や多数の著書がある、教育者 石田勝紀先生が2016年から主宰している会です。


コンセプトは「ママたちの心を緩ませること」


カフェスタイルの勉強会で、美味しいお茶をのみながら(オンライン開催もあり)子育て中のママを対象に、認定ファシリテーターが教育について、子育てについて、学びを提供した後、参加者同士で自由に話し合い、日々の悩み相談や理想の子育てへ近づく話し合いを「前向きに」「楽しく」行う会です。

全国に200名以上の認定ファシリテーターが誕生し、各地でMamacaféコミュニティーが拡大しています。


「ママの心を緩ませたい」



子育て、家事、家族のケアに仕事・・・

日々忙しいママたちが

「自分を好きになれる」瞬間を共有できたらいいな

そんな気持ちでママカフェの活動を続けています。


風神優子のママカフェでは、

「学びのポイント」を

音声データにまとめ

忙しい毎日のすきま時間を

「耳からの学びの時間」

に変えるお手伝いをしています



Mamacaféファシリテーター風神優子について


初めまして、風神優子です

宮城県仙台市在住。

夫と2人の息子と暮らしています。

薬剤師として会社に勤務する傍ら、10年以上医療現場に関わってきた経験を活かし、フリーランスとして医師の監修するコラムや記事を配信するコンテンツクリエイター、フェムテックベンチャーにて更年期に悩む女性に寄り添う記事を作成するライター、そしてライフワークであるママカフェファシリテーターとしての活動を続けています。


転勤によって訪れた、両親も友人も一人もいない初めて住む土地での子育てに、不安しかなった時に「ママカフェ」に出会い「子どもを認め、信じ、才能長所を伸ばす」そんな親子の関わり方があることを学びました。

そしてたくさんのお母様とお話しすることで数えきれないほど前向きになるチャンスをもらうことができ、少しずつ自分軸を構築することができています。


子育てにポジティブになれない時

自分自身の心が折れそうになった時

何度となく

「ママカフェが自分を助けてくれた」

ことを痛感しています。

このことに対する感謝の気持ちと、私自身進化し続ける母親の一人として、「まだ見ぬお母様やお子様の心が満たされるきっかけを提供できたらこんなに嬉しいことはない」

そして、一人でも多くのママが「自分も子どもも大好き」と思えるきっかけになればと思い、「風神優子のママカフェ」を定期開催しています。



受講特典講座

「Mamacafé+」について



参加者の皆様に受講特典講座「MC+」をご用意しています。毎月のママカフェ内で扱うテーマについて、風神が音声にてお伝えするコンテンツです。


このコンテンツは「ママカフェに参加するまでの期間、空いた時間を使って事前に内容を把握しておきたい」または「受講時に聞き落としてしまった内容を復習しながら家庭で実践し、さらに学びを深めたい」といった受講生の方のご意見から生まれました。


また、「講座の最中に子どもが泣き出してしまった、など予期しない出来事によって、学びの内容を思うように把握できないことがあると勿体無いな、「そんなことがあっても大丈夫!」と感じてもらえるツールがあればいいな」という私自身の思いもこめて、毎月作成・配信しています。


こんなことで
悩んでいませんか?


*自分の時間が捻出できない

*子どもとどう話していいかわからない

*まわりに相談できる人がいない



ママカフェは
こんな方におすすめです


*子育てを前向きに楽しみたい

*ポジティブなママたちと繋がり、情報交換しながら自分自身も成長したい

子供を

ぐんぐん伸びる子にしたい




前向きになりたい




皆で

パッピーになっていきたい




今後のテーマ&日程のご案内


6月テーマ



【子どもの心を上手に

 上向きにする方法】


(目的)心を自然に前向きに誘う方法を知る


今回は心を引き上げる方法についてお伝えします。方法の前に、極めて大切なことがあります。

それは、どのようなマインドセットで親が子どもに対応するか ということです。

このマインドセットを間違えると、提示したほとんどの方法は、効果が半減します。

心は極めて重要であるにも関わらず、

それを観ずに、表面的な言動を何とかしようと対応してしまうことがあります。

しかし、心が下がっているのであれば、

「自然な形」で前向きにしてから、

具体的な対応してあげると

トラブルはなくなっていきます。

なお、前向きになる方法はいくつかありますが、

ここでは代表的な方法を提示しました。

全て行うのではなく、ご自身に合う方法を、次の1ヶ月間で実践し、効果を確かめててみてください。





用する